心配というか、個人的にはMGSの次回作については全く気にしていない。
amarec(20150907-200411)


【コナミUK社員へのインタビュー】
◆「小島監督二気でMGSは作れる?」 >> 「問題ないよ」
◆「本当?、MGSは監督の子供みたいな物だけど?」 >> 「別チームのライジングはとても良いゲームだったろ!」

このインタビューで、国内外で大炎上気味になりましたが、個人的には気にしてない。

監督が居なくても、MGSが作れると
言いたいのですか? 

いや、まったくそうじゃなくて、監督の手からMGSが離れるのは寂しい以上の物があるけれど、個人的に「小島監督 and コジプロ」のタイトルが遊びたい分けで、監督が新たにどのような場に移ったとしても、今度はそのタイトルを楽しむだけなので問題ないと思うわけです。

「MGS5:TPP」の印象が未完成的に終わってしまったのは残念ですが、幸いスネークたちの物語は大きな区切りを終えたので、個人的には小島監督による全く新しい物を見てみたいと思っていたところ。
さらに加えると、「ANUBIS」的な何かでも良いのよ?(笑)

そう来ますか・・・・。

強いてコナミに言いたいことがあるとすれば、今のような状態が長く続くようなら、もうゲーム部門をよそへ売却して欲しいと言うことぐらいか(できれば国内)。
その方がPCEアーカイブスも色々復活する可能性もまた出てくるだろうし、色々な意味でブランドも復活するだろうから、あまり粘らないで欲しいなぁと・・・。