ちなみにPS2/PS3の同時期の数値は・・・。
PS4_049


「プレイステーション 4」(PS4)
世界累計実売台数3,020万台を達成
~プラットフォーム普及を基盤にコンテンツ、ネットワークサービスを拡大~

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が販売する「プレイステーション 4」(PS4)は、2015年11月22日(日)時点で全世界の累計実売台数が3,020万台※1を超え、依然として歴代「プレイステーション」ハードウェア史上最速で普及拡大が続いています。

PS4という均一なシステムの普及が進むことで、世界中のユーザーの皆様に等しく高品質なデジタルエンタテインメント体験をお届けできる基盤がさらに強固 なものになります。この圧倒的な基盤の上に、ディスクあるいは「プレイステーション ネットワーク」(PSNSM)を経由して提供されるゲームタイトル、「プレイステーション プラス」が提供するメンバーシップサービス、映像、音楽、テレビ視聴といったサービスが充実していくことで、世界中の3,020万人以上のお客様がPS4 でお楽しみいただく時間がさらに長く、一層豊かなものになります。

「発売から2年を迎え、引き続きPS4が最高の遊び場として世界中の多くの皆様に選ばれ続けているこ とに、心から感謝いたします。今後も魅力あるゲームや各種のエンタテインメントサービスを提供していくことをユーザーの皆様にお約束します。また、パート ナー各社様にとってもPS4が世界中のお客様にエンタテインメントをお届けする最適なシステムとなるよう、開発やビジネスにおけるサポート体制も引き続き 充実させてまいります。」
(代表取締役 社長 兼 グローバルCEO アンドリュー・ハウス)


PS4は、この年末・年始商戦にかけて、ソフトウェアメーカー各社様およびSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)から『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』(株式会社スクウェア・エニックス)、『龍が如く 極』(株式会社セガゲームス)、『Bloodborne The Old Hunters Edition』、『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』(SCE WWS)、またインディーズ(独立系)開発者様から『宇宙戦士GALAK-Z』(17-BIT)、『Super Time Force Ultra』(Capybara Games)をはじめ、魅力的なタイトルを続々と発売する予定です。※2

SCEは、これからもより多くの皆様に「プレイステーション」の世界をお楽しみいただくため、PS4プラットフォームの更なる普及拡大を強力に推進してまいります。

PS4は現在124の国と地域※3で販売しています。

これまで最も普及したPS2は約3,000万台(2年2ヶ月)となっており、これを上回るペースで売れているようです。

PS3は約1,400万台程度だったので、
この復活劇は本当に素晴らしいですね。 

3,000万台という数値は、SCE公式の数値かVG数値かはよく分かりませんが、いずれにしろ素晴らしい数値には変わりありません。

とはいえ、値下げして一時的に販売ペースが加速&これから年末年始という事でさらに加速すると思いますが、最後の壁はハードの価格だと思うので、さらなるコンテンツ拡充に向けて頑張ってもらいたい所です。