システムも熟成していることもあり、非常に遊びやすい印象。
Sophhe_068



ソフィーのアトリエ
各種スクリーンショット
※ページ全体の読込が終了してからクリックでビュー表示。
▲今度は優秀そうな主人公だったが・・・ ▲やっぱりダメな子でした・・・。
▲謎の錬金術書「プラフタ」の衝撃的な登場&意外と毒舌です(笑)
▲そして意外と速いテンポで、プラフタの秘密が明らかになっていく。
▲アトリエと言えば、個性豊かで非常に魅力的なキャラクター達。
▲こんな登場のされ方をしたら、惚れてまうやろ(笑)
(実際にソフィーが一目惚れをするようなことはありません)
▲ただ、自分はコルちゃんに一目惚れ中です(笑)
▲街中マップで、移動も分かりやすく楽々 ▲新しい錬金術レシピは自力で覚えていく
▲そのきっかけは図鑑で調べることが可能
image server Google Pias



システムが成熟しているので、街の移動・レシピの覚え方・合成システム等々、どれも分かりやすく非常に遊びやすい印象というのが第一に感じました。

この取っつきやすさは、本作は新シリーズに突入したと言うこともあり、
新規ユーザーを意識した作りになっているかもしれません?

そのシナリオの展開はどうでしたか?

とりあえずゲームの序盤は、「プラフタの記憶を取り戻す」ために淡々と進行する印象。
それ以外の大きな物語の動きがない状態が続くので、少し淡泊に感じました。
序盤からもう少し何かしらのスパイスが欲しかったところでしょうか。

後個人的に気になったのは「プラフタの記憶を取り戻すペース」がやや早すぎる事。

それってどういう事なんですか?

本作も時間制限がないので、じっくりと合成や素材集めをしながらプレイしているのですが、それらの行動によりプラフタの記憶を取り戻す条件が自然に解放されてしまうため、勝手に物語が進んでしまう感じがある。

そのため、イベントのフラグ調べが終わりきる前に進行してしまうことが多々あるのがもどかしく、もうちょっと落ち着いた進行ができると良かったのだが、後半になればそんなことはなくなると思うのと、まずはサクッと一周して、ガッツリとしたやり込みは二週目以降に回したいところか?。