細かい仕様も色々明らかに
MikuPD_FT_001



※闘会議2016でのフルに近い動画

判明した主な仕様(詳細は3つめの動画前半にて)】
◆AC版と違い、「DECORATOR」にて6人全員のモジュールが変更可能
◆キャラクターを全員「ミク」、全員「ルカ」といった事も可能
◆メロディアイコンの変更も可能
◆スライドは、LR・スティック・タッチパットに割り当て可能

「Future Tone」は、楽曲が多いのでDLCなどかな?とか思っていたけど、今回の解説の口ぶりから、最初から213曲規模の楽曲が収録されているかもしれません。

それだと、コンシューマオリジナルの「PD X」との
住み分け的な物はどうなるんですかねぇ? 

「PD X」はストーリーを含む総合的なやりこみ要素を
「FT」はACベースの大量の楽曲を楽しむための

大体こんな認識で良いのかもしれない?
様々なイベントなどで体験できるまでになったようですが、問答無用で遊びに行けないので、体験版の配信などもあると良いんだけどなぁ(汗)。