自分のPCは少し特殊な状態にあるので、アップデートで高速化するのですが・・・ 
Windows10

 米Microsoftは2月2日に配布した「Windows 7」および「Windows 8.1」の「Windows Update」で、これまで「オプションの更新プログラム」としていたWindows 10へのアップグレードを「推奨される更新プログラム」に昇格させた。同社は昨年10月、この変更を予告していた。

 自動更新に関連するプログラムは「KB2952664」と「KB3035583」。Windows Update上の概要には「この更新プログラムをインストールすると、Windowsの問題が修正されます」としか説明されていないが、詳細情報を見ると前者のタイトルは「Windows 7アップグレード用互換性更新プログラム」に、後者は「更新プログラムにより、Windows 8.1および Windows 7 SP1にGet Windows 10アプリをインストールする」となっている。

「勝手に変なことするなよ、公式ウイルス!」などなど、不満爆発中のアップデートで、ますます自動更新対策が面倒になったため不満が再燃。

今のメインPCは少し特殊な環境下にあるためか、Windows10にアップグレードすると動作が全体的に軽くなるため「早くアップデートしたい!」というのが本音であります。

その口ぶりだとアップデートを試したけど、
Windows7に戻した感じのようですが、
一体何故なんですか?

いやさぁ・・・・・・・普通のアップデートをすると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定期的にブルースクリーン的な物が発生して落ちやがる・・・

2~3時間で7回ぐらい落ちたかなぁ・・・・・・・・・・・

そこまで頻繁に落ちると、確かに利用できないですね・・・・

付け加えると、仮にクリーンインストールしても落ちない保証はないので
手間を掛けてクリーンインストールする踏ん切りが中々付かない・・・。

せめてアップデートオプションで「クリーンインストール」が存在すれば試してみたいと思うんだけど、現在の様々な環境の手作業バックアップ&リストア、それらが不調に終わったときの元に戻す作業の事を考えると怖すぎです。

が、あの軽い動作は忘れられない感じなので、「ブラウザのブックマーク&クッキー」のバックアップを筆頭に、コツコツと各種設定を保存しておきたいところでありますが・・・う~ん、どうしよう。