「ポンコツ車」をメンテしながら長い旅路のゴールを目指す、面白シミュレータをご紹介
Jalopy


カーシミュレーションゲームと言えば、現実世界では一般人が手を出せそうにない高級レースカーや特殊車両に乗るのも魅力の1つだろう。
だが 『Jalopy』はタイトルの「Jalopy(ぽんこつ車)」の通り、壊れかけの車をメンテナンスしたり給油したりしながら走り続けるという、なんとも渋 い車の旅路をテーマにしたタイトルである。

中略

プレイヤーは自動生成される道路をひたすら相棒と共に走り続けることになるが、この車はエンジンが故障したりすぐにタイヤがパンクするような”ぽんこつ” である。タイヤの状態が悪化したり、エンジンが故障したり、キャブレーターが壊れたり、泥が車体にこびりついたり。走行中には常に車の状態やガソリンの残 量に気を使い、なんとかメンテナンスや給油をしつつ次の目的地までたどり着かなければならない。 

ゲームの基本的な流れはこうだ。プレイヤーは積み荷や交換用のパーツなどをトランクに積み込み、複数のルートから1つを選択して走り始める。途中で車に給 油したり、メンテナンスしたりしながら、次の町に辿り着く。その町でパーツや積み荷を売買したり、あるいは車をアップグレードしたりしながら、また次の目 的地へ向かう。ゲーム内には通貨の概念が存在し、市場取引や国から国への密輸入などで資金を稼ぐことができるようだ。 



こういったコンセプトのゲーム、メチャクチャ好き(笑)

壊れかけの車をいたわり延命させながら
長い旅を楽しむというのは、車にも愛着が湧きそうで
確かに楽しそうですねぇ。 

新車に乗り換えるわけでもなく、
車をハイパワーに改造してぶっ飛ばすわけでもなく、

ただただ、車を延命させながらまったり旅をする

このコンセプト無茶苦茶いいわぁ&これを作っているのが「F1」ゲームを作っていたクリエイターというのだから、完全に真逆のコンセプトでさらに面白い(笑)。

また、適度にストーリー的な部分も作り込まれているようで、その辺も楽しそう。
ゲームはSteamでの配信を目指しているという事ですが、PSにも出てくれないかな~。