2度にわたり失敗したWindows10を、最終手段的にクリーンインストールしてみた。
program




Windows7からWindows10へのアップデートをこれまで2回チャレンジ。
一度目は、お試し感覚で行ったところブルースクリーンが頻発。
二度目は、可能な限りの修復/設定/ドライバのアップデートを行っても同様だった。

ハードウェアが若干古いので怖かったが、二度目のアップデート後のWindows7の動作が非常に重くなってしまったため、本日Windows10をクリーンインストールすることに。


自分用手順メモ的なもの

MSのサイトにて「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてアプリをダウンロードし、
isoファイルをHDDに保存した後、そのツールにてDVDのインストール用メディアを書き込んでフィニッシュ。
(要:Windowsプロダクトキー)

クリーンインストールをするとなると、多くのアプリの設定などをバックアップする必要があるけれど、ブラウザはクラウドで設定をDLできるようになり、ブログの書くのに個人的に必須のアプリはMSクラウドに保存してるので再インストールなどは不要で移行完了!


そういった細かい部分も含めて、便利になりましたねぇ。

クラウドの概念がなかった時代は、バックアップを含めて丸一日の作業だったけれど、
いざやってみたら、30分~1時間ぐらいでWindowsの設定が完了して笑った。

10に移行してからかなりの時間が経過してるけど、ブルースクリーンになる気配もないし、こんなことならもっと早くクリーンインストールするんだった。

難点は今使ってるAtok2009が、Cortanaで使えなかったりする点ぐらいかなぁ。

いい加減最新のバージョンにしてはどうですか?

ただ、それ以外特に不満はないしなぁ・・・・誤変換暴発しまくってるけど・・・・・・・・・。

とりあえず現時点で変な動作は無し&旧Windows時代から不安定だった動画キャプチャの動作も今までの中で一番快適になっている感じなので、この状態が続いてくれることをまずは祈りたい。

あと、Vaioのアップデートはどうするの~?

あっちは消したくない固有アプリがないからクリーンインストールは少しやりたくないんだよなぁ。
ただ、そうしないと安定度が怖いし悩むところ・・・。