ゲーム録画で再びコマ落ちが発生するのを確認しましたが、どうやらHDDが逝ったらしい。という感じで、PC微調整にもうちょい時間がかかりそうであります。
program





昨日Windows10でPC環境を再設定し、一部不穏な動きを見せるものの基本的には問題なく運用ができて、ソフトウェア環境の方も9割方移行が完了。

そのなかで、Windows10環境化に変更してリフレッシュしたけど、今まで「アマレココ」というキャプチャソフトにて「1080p / 60fps」のゲームプレイの録画が、どうしてもコマ落ちだけが直らなかった。

今まではできていたので?

怪しいこともあったけど、基本的には問題なかった。
症状的にはHDDの帯域不足っぽい感じでいろいろ調べてみた。

「アマレココ」では処理を稼ぐためにほぼ無圧縮で録画してるんだけど、「1080p / 60fps」の録画は平均約627Mbps(約79MB/s)必要になることがわかった。
で、今調べてみたらHDDの転送速度が101MB/sまで落ち込んでいることが判明 orz

それなら、ぎりぎり20Mbpsの余裕があるんじゃないの?

普通ならそうなんだけど、場面によってはその限界を超える帯域が発生している感じのようなので、HDDのパフォーマンスが不足するようになってたようだ。

ちなみにHDDは、メインのSSD、データ用、録画用の3台で運用しているんだけど、元々はハイスペック仕様の録画用HDDを使用していたけれど、そのパフォーマンスがデータ用と逆転していて、どうやら天寿を全うしようとしているらしい。

それは駄目じゃないですか・・・。

かなり長い間フルスペックで使い続けていたから、その付けがとうとう来た感じ?

録画用HDDなので、天寿を全うしても痛くもかゆくもないからいいけれど、お財布が痛い。
幸いキャプチャーカードに付属していた録画ソフトでは、リアルタイムの圧縮に対応&40Mbpsと余裕を持った録画が今のところ可能なので、しばらくは騙し騙しの運用になりそうかなぁ。

新しいHDDを購入するときはRAIDで高速化したいところだけど・・・・・・
特殊なPCケースのHDDベイ用ネジを無くしてこれ以上増設できない・・・(´・ω・`)

えーーーーー・・・。

似たような感じのネジを見つけたので、それを買えばたぶん何とかいけそうだけども、とりあえず今は保留としておこう(笑)