よし、あとは日本での予約競争に勝利するのみ!
yoshida





Oculusのrift、HTCのViveなど主要なVR(仮想現実)ヘッドセットの販売が開始されるなか、ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE)が10月に発売するPlayStation VR(PS VR)への注目が高まっている。4月4日、都内で行われた「Unite 2016 Tokyo」でワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏が記者の質問に答えた。

PS4では日本での発売が遅れたが、吉田氏は十分な数を製造して日本・米国・欧州・アジアなどの主要な国々で同時発売する予定だと話している。

また4K対応の上位版PS4が発売されると報じられていることを聞かれると「どうなんでしょうね、私もウワサは見たことありますが…まったくコメントできません」と苦笑いを浮かべていた。

※既出分の情報はカット 

と、日欧米アジアなど主要な国々で同時発売をする予定だとのこと。
手広く同時に展開する分、一国かあたりの割当量が少なくなる怖さもあるが、日本でも同時に発売が行われるというのはやはりうれしい。

さて、噂のPS4Kについてはどうとらえるべきか・・・。

白を切った感じにも見えますが
本当に何もない感じなんですかねぇ?

まぁ、仮にあっても何も答えられないだろうしね。
とりあえず、グレーのコメントととらえておくと面白いかな?(笑)