身体能力が高すぎて迷子になります(笑)
UNCHARTED_006







まずはE3との比較映像から。
全体的に彩度が高められ、より鮮やかな印象の映像に仕上がっています。
それでいて、遠くは白っぽく靄を加えるなど、細部にわたって調整が加えられています。

UNCHARTED_069
このスクリーンショットだと分かりづらいけど・・・。


また、ネイトとサムの服を筆頭に、テクスチャもリアルに調整されています。
サムの衣装テクスチャが荒くなっているように見えるのは、ブラーが加わっているのと白い模様の部分が薄く描き換えられているからで、実際にゲーム画面で見てみないと評価はしづらい感じ。

UNCHARTED_070
UNCHARTED_071


さらに全体的に被写体深度も大幅に調整が加えられていて、それに加えて一番進化しているのが「アンチエイリアス」で、元の状態と同等のシャープさを維持しながらの、ちらつきを押さえたなめらかな映像にはビックリ。
AAだけでも結構負荷が増えていると思いますが、この辺は流石ノーティマジックという所?

UNCHARTED_073
UNCHARTED_072



ゲームプレイ感想

まず第一に感じた唯一の欠点は、非常に広い音域?で収録されているため、「通常時の音がやたら小さい」のでボリュームをマックスにすると「激しいシーンで音量がすさまじい」事になり、普通のTVのスピーカーでは音が割れまくってしまう事がしばしば・・・。
この辺は「プレイする映画」の通り、映画と同じ音量設定で収録されているので、スピーカーが耐えられれば非常に迫力のある音で楽しむことができる。

ということで、久しぶりに外部スピーカーをフル稼働中だが、リモコンどこ行った・・・・・

ゲームの方は、すさまじい映像美に呆然とするばかり。
それでいて、緊張(緊迫)と笑いのバランスも絶妙で、これぞアンチャーテッド。
ネイトの身体能力も相変わらずで、「次どこへ行くんだろう・・・・この距離ジャンプするんかい!」という、独特の迷子感も健在でした(笑)

ゴールはまだまだ遠そうですが、クリアに向けて一気に突き進みたい感じです。