かなり強引というか、無茶な話ではありますが。
Xb1_001





どうやら本当にXbox OneがVR対応ゲーム機になるようだ。

Ars Technica は、少なくとも一社の大手デベロッパーから、2017年発売のXbox One向けVRゲームを開発中との証言を手に入れたと報道している。

ArsはE3の準備中に、デベロッパーから直接話を聞き、後に広報担当者から確認をとったと報道している。

今週の初めには、マイクロソフトがVRにも対応できる、より高性能の新型モデル(「Scorpio」というコードネームで呼ばれる)をリリースするという報道がでていた。今回のニュースはこの噂をさらに裏付ける形になった。

問題のデベロッパーの名は明かされていないが、「よく知られたヨーロッパのスタジオ」で、「長期に渡って続いている定評あるシリーズ」の新作VRゲームを計画中だという。そしてこのゲームはPCとPS4でリリースされる。

他方でマイクロソフトがOculusとのパートナーシップを模索しているのではないかという噂や、「Scorpio」は現モデルよりも4倍の性能になるという噂もある。Oculusは以前にもマイクロソフトとパートナーシップを組んでおり、去年VRヘッドセット「Rift」をXbox Oneのコントローラーと一緒に発送すると発表していた。




話の流れ的には、高性能版Xb1でVRに対応
という事のようですが、流石に難しい話のような
気がするのですが? 

「オキュラス」が求めるスペックがかなり高いからね。
ただ、オキュラス&高スペックPCを用意するよりは敷居が低くなりそうなので、対応ソフトが揃うようなら全く現実味のない話という事でもなさそう。

MS的には、ソフトを集めることの方が大変そうですが(汗)。