まぁ噂だけど
任天堂





NXの製造を担当する台湾のメーカーが、生産は第四四半期から開始されると語っている。

Foxconnが初期生産の40%以上を、残りを ミツミ電機およびホシデンが担当する。台湾からはシャーシのFoxconn Technology、NANDフラッシュメモリのMacronix International、CMOSイメージセンサのPixart Imaging、電源のDeltaElectronicsが参加するとのこと。

任天堂はもともとは2016年第2四半期にNXの生産を開始する計画だったが、第四四半期に延期された。これはデザインと仕様とがひっきり無しに変更されたためとのことだ。さらにこの情報源は、NXはNvidiaのARMベースのTegra X1を採用すると語っている。

仮にこれらの話が本当なら、現場は(ソフト開発含む)かなりバタバタしていそう。。。

もしかしたら、この辺の中々ハードウェア仕様を
固められないという点も、発表が遅れている
理由なのかもしれませんねぇ。 

ギリギリまで隠したいというのもあるだろうけど、その前に発表したくてもしきれない・・・・・
というのは、確かに考えられる話ではあるね・・・。

後気になるのは「Tegra X1」で、コレをまともに動かすと10W単位の消費電力になってしまう。
Vita TVの最大公式スペックでも2.8Wなので、中々えげつないシステムに。

スペックは高そうですが、電力周りが凄そうですね・・・

携帯時には消費電力を押さえて、
クレードル設置時には、背面上下あたりに穴が開く仕掛けを作り、そこに風を送り込むor吸い込む事で外部冷却を使って最大スペックで動作させる・・・・恐ろしく苦しいけど(笑)。

ファンを使った冷却は必要なの?

う~ん、無くても大丈夫だろうけど、ぎゅうぎゅうに詰め込んでるシステムだと若干辛い?