今回はBMWのGT3用車両開発にデータ収集系で開発協力&同行し、山内氏も5月のニュル24時間で実際にドライブし、GTスポーツにフィードバックを行っている感じのようです。
GTSPORT_055








細かい説明が省かれているので、どの程度のレベルの作業を行っているかは不明ですが
BMWのGT3車両開発にデータ収集系で開発協力&様々なデータを「GTスポーツ」にもフィードバックされているようで、そこがどこまでゲームというレベルに昇華されるのか?も楽しみなところです。

コレまでは、挙動やグリップ周りで
ゲーム的な補正が入っていたんでしたっけ? 

どうしてもシミュレーションしきれない部分もかみ合ってなのか?、車の動きに補正っぽい物が入っていたけど、車の挙動自体はナンバリングが進む毎にリアルになっていて、特に6では凄まじいレベルに。
その挙動進化に伴って、そういった補正も弱くなっているのがコレまでの印象かな?

で、ゲームでは考えられないレベルでの様々なデータが今回も収集されたようで、「GTスポーツ」の操作感覚もコレまでとちょっと違うという話も聞いたりするので、早く遊んでみたい。


ちなみに今回の車は、コレまでにないほどのハイダウンフォースの車に仕上がっていたようで、山内氏は運転感覚を今回の車にアジャストさせるのに相当苦労した模様。

そんな車を実際にレースでドライブできる
山内さんも凄いですね・・・・ 

しかもニュルだし(笑)
速く走れば走るほどダウンフォースで押さえつけられ、コレまでのコーナーがコーナーじゃなくなるってレベルの感覚はちょっと怖いだろうなぁ(汗)。