まさかの高品質すぎるケーブルで改造は断念しました(汗)
PS4_DS_0020





PS4_DS_0020
本日、船便で北京よりケーブルが到着
ケーブル10本で価格は432円でしたが
PS4_DS_0021
価格の大半は送料な気がする。
(原価は10本で30円とかな気がする)


PS4_DS_0022
傷んだケーブル交換の難関はカバー側
形状の関係で、まっすぐ挿せない
PS4_DS_0023
そこで大胆にL字型に折り曲げてから
作業に入ります


PS4_DS_0024
差し込みはコツが要りますが慣れると一発
念のために動作テストも忘れずに。
PS4_DS_0025
オリジナルのケーブルはボロボロ・・・


PS4_DS_0026
組み立て時は、ケーブルがゴムのリセット
スイッチに被らないよう注意
PS4_DS_0027
意図的に被らないようケーブルを折り曲げて組み立てし、仕上げ清掃で修理完了



また、前回ケーブルが断線しても強引に使っていたのですが、その時LEDが点灯しないまま動作する面白い動きをしていたので、14ピンのコネクタ部分のいずれかを削ってやれば、LEDの消灯を再現できるかな?と試そうと思いましたが、まさかの中華ケーブル?の方が高品質で削れない罠にはまりました。

それは罠とか言わないから・・・

ピンを削るのが無理だったので、ピン部分をニッパーでカットしたりしましたが、上手くLED消灯を再現できずプチ改造は断念しました。

とはいえ、メインの一番破損させやすいケーブルの交換が出来た事自体は嬉しい。
後はまともなバッテリーが見つかれば、さらに長期間コントローラーを使い続けられると思いますが、中華バッテリーの大半は容量が怪しいので、中々そこまで上手くはいかなかったりします。