開発機材も不足し、色々苦労しているようです。
任天堂







の、84ページより一部を抜粋。

ゲームの移植提案に漂うしらけムード
NXに対し、慎重な味方も多い。
◆乗り気になっているのは一部に過ぎない(ゲーム会社社長)

コントローラーの形状が独特だと言われるNXの開発機材は一部の大手に限られる
◆中堅以下は「パワーポイントの資料が配られただけ」

一方で、有るゲーム会社には任天堂から驚くべき提案が
◆「あのタイトルをNXへ移植しませんか」と持ちかけられた
 ◇任天堂から提案されたのは、プレイステーションの昔の人気タイトル
 ◇しかし、結局このゲーム会社は断った

◆任天堂は、複数社に対し移植の提案をしたと見られているが
 ◇「移植タイトルをプレイしたくてゲーム機を購入するユーザーは限られている」
 ◇「昔の任天堂なら、人気タイトルの新作を是が非でもソニーから奪い取ったのに」 


と、中々興味深い話から、現状の任天堂とソニーの状況を分析した記事が、複数ページにわたって記事にされており、目新しい情報という点では少なめだけど、読み物としてはそこそこ面白かった。
(なにぶん、基本的に既出情報を色々並べている感じなので)

しかし、ソフトの確保について、
中々苦労しているようですねぇ。

昔の人気タイトルというのも気になるね~

ソフトというか、サードをその気にさせること自体、中々大変そうという印象か?
タイトルに関しては、たとえば「リッジをNXに出して」という話を提案した場合、それはもう移植じゃなくて当然新作としてオファーをするタイプのゲームだと思う。

また、昔の人気タイトルという事で、「アトリエシリーズ」や「ネプテューヌ」なども違うだろう。

さらに、カプコンやバンナムなどは積極的に動くだろうし・・・・・え~と
逆にファルコムや日本一は中々動かないだろうし・・・・・
スクエニのPS固有タイトルというと、案外思いつかない・・・・

考えてみると、
意外と中々思い浮かばない物ですね。

つーか、ヒント少なすぎで、ぱっと思いつかない(笑)