今年のF1は買わないと駄目だな・・・・・マッサマンが引退。
20160901-massa





フェリペ・マッサは、今シーズン限りでのF1引退を発表した。

ブラジル出身のフェリペ・マッサ(35歳)は、F1イタリアGPが行われるモンツァ・サーキットで記者会見を開き、家族が見守る中でF1からの引退を発表した。

フェリペ・マッサは、2002年にザウバーからF1にデビュー。2006年にフェラーリに移籍し、8年間の在籍期間に11勝を挙げた。2008年にはわずか1ポイント差でタイトルを逃している。

2009年のF1ハンガリーGPでルーベンス・バリチャロのマシンから脱落したパーツが直撃して大ケガを負ったが、2010年には復帰。その後、2014年にウィリアムズに移籍。

今シーズン最終戦のフェリペ・マッサにとって250戦目となるF1アブダビGPが最後のグランプリとなる。


フェリペ・マッサ
「特に僕の妻、父、ファミリー全体、マネージャーのニコラス・トッド、そして、僕のキャリアを通してサポートしてくれた皆さんに感謝することから始めなけ なければならない。僕の人生にチャンスを与えてくれたこと、とりわけ、僕を守ってくれたことを神に感謝したい。長年にわたって僕と仕事をした全員にも心か ら感謝したい。F1だけでなく、僕が参加した全てのチームがスペシャルな経験だった。長年にわたり、素晴らしい思い出があるし、今日僕がいる場所にたどり 着くのを助けてくれた全員に感謝している。これまでの僕のキャリアは予想以上のものだったし、自分が成し遂げてきたことを誇りに思っている。最後に、ウィ リアムズ・マルティーニ・レーシングという本当に驚くべきチームで僕のキャリアを終えられることを本当に嬉しく思う。F1キャリアを終える僕の250戦目 となるアブダビGPは感情的な一日になるだろう」 

ブラジル人というと、「陽気なブラジリアン」という表現がされるけれど、「愛(め)でたくなるブラジリアン」という印象の「フェリペ・マッサ」が本日引退を発表したそうです。

決して飛び抜けて早いドライバーでは無かったけれど、フェラーリ時代はワールドチャンピオンまで本当に後一歩までの活躍を見せたし、ファンも関係者も引退を惜しむ声が多い。

こういった選手の引退は寂しいね~

別の考え方をすると、F1という非常に厳しい世界で「引退の表明」を出来る事自体が素晴らしいこと。
小林可夢偉選手のように、F1を愛し実力も申し分がなかったとしても、お金や運やそれまでの実績などがなければ、F1ドライバーとしている事自体が非常に難しい時代となっています。




そう言った視点では、飛び抜けてはいない物の間違いなく貴重なトップドライバーの一人だし、人柄も相まって愛されていたドライバーでした。

個人的には彼のような愛すべきトップドライバーが収録されたラストシーズンのF1ゲームは、永久保存版として残しておきたい感じです。
ちなみに引退とすれば、これまた国内でもファンが非常に多い「ジェンソン・バトン」の去就も注目されており、今月末頃までには結論が出る物と見られているので(マクラーレン次第)、F1の一つの時代の終わりという感じで少々寂しいところであります。