MSのVRHDMは、ゲーム向けと言うより、ホロレンズの実用版のような狙いでしょうか?
MS_VRHMD




 マイクロソフトがニューヨークでプレスカンファレンスを実施し、Windows 10の次期大型アップデート“Creators Update”を2017年の早い時期に無料アップデートとして配信することを発表した。

 その中で“Creators Update”におけるVR/AR分野の促進の一例としてHololensのデモが行われたほか、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)でWindows 10のVRモードを使用する様子も披露。バーチャルリビングルームで対応アプリを使用したり、サッカーの試合を視聴するという内容だったのだが、個人的にはウィンドウをVR空間内に自由に配置できるぐらいになってくれると、調べ物をしながら原稿を書くのが楽になるので、ぜひこのままパワーアップしていって欲しい。


 発表はソフトウェア面のみに留まらず、マイクロソフトの協力のもと、HP、Dell、Lenovo、ASUS、AcerといったPCメーカーから廉価で扱いやすい対応VRHMDが登場予定で、価格は299ドルから。そこまでハイエンドではないラップトップやデスクトップPCでも動作可能とのこと。
 これらの機種は、プレイヤーの位置検出のために外部にセンサーやカメラを設置する必要があるOculus RiftやHTC Viveなどの現行のPC用VRHMDと異なり、VRHMD側で周囲とプレイヤーの位置関係を検出してVR空間に反映する“インサイドアウト方式”を採用しており、「専用の部屋や複雑なセットアップを必要としない」というのが興味深い。


MSからのVRHMDは、ハイエンドなPC意外もターゲットに入っている事から、Oculusなどハイエンドゲームをガンガンプレイするというより、Windows全体のエンタテイメントコンテンツを楽しむためのデバイスと捉えるのが良いかもしれない。

ハードの品質の方も気になりますねぇ

今回のVRはあくまで規格としての発表だから、リリースするメーカーによって細かい仕様は違ってくると思うけど、価格を考えるとあまり贅沢なパネルや部品は使えないだろうけど、どんな感じになりますかね~。