別に大したことではありませんが、今までのゲームでは絶対やらなかった事がVRでは・・・
mikuXHD_003





いつもならブログの方で書いている感じの、検証話をIGNの方に気合いを入れて回している感じですが、こっちに何も書かないのもアレなんで、久しぶりにだらけて書いてみます。(笑)

書くなら真面目に書きなさい!

中身自体はいつも真面目(なつもり)だけど、気分的なところはマッタリさせてください(笑)

さて、「初音ミク ProjectDIVA」シリーズを全てプレイしてきていますが、それらに共通しているのは「あまりPVモードで楽曲を鑑賞した事はなかった」という事ですかね。

もちろん全く見ていないという事は無いですし、最近では「初音ミク ProjectDIVA Future Tone♪」のPV再生モードが便利で、ちょいちょい活用しています。ただそれは「ミュージックプレイヤー」的に使っている面があるので、ちょっと違うかな?(まぁ、お気に入りの楽曲が始まると、ついつい眺めちゃって、作業が手に着かないのですが(笑))

VRでは、ライブということで鑑賞がメイン
ですが、相当気に入ったようですねぇ。 

まさか、PSVRを購入して3週目に突入してもミクのライブだけで、
ここまで楽しみ続けられるとは思わなかったよ(笑)
まぁ、PSVRが「初音ミク専用機」になってるのは、それはそれで問題だけど・・・。

もうちょっと何かあると良いんですけどね・・・

Until Dawn: Rush of Blood」x「Move2本」の相性が素晴らしいようなので、色々落ち着いたらそちらも試してみたい。

あと原田さんが言ってたと思うんだけど、「キャラクターに触れられると、本当に触れらたような錯覚をする」みたいな事を聞いたときは、流石に「まさか~~~」と受け流していましたが、PVで偶然ルカ様に頬をなでられるような感じになったときは、ぬくもりを錯覚したよ(笑)

オーバーな表現とかじゃなくて、まじなの?

まじまじ(笑)
今はまだ、近づいてくるVRキャラに「ドキッ」っとしている部分もあるので、そういう部分に慣れてしまえば、それを感じなくなるかもしれませんが、中々興味深い現象です。

今はVR空間自体にまだ楽しめている感じが強いので、まだまだ「ミク専用機」として長く稼働していくと思いますが、ボチボチ新しい鉄板ゲームが欲しいな~。