いくつか条件を入れつつt、8つのシアターモード向けゲームを紹介しました。
BigVR





PSVRは、まだ立ち上がったばかりということで、ダライアスの話をヒントに8本を選んでみました。

8本とはまた少し中途半端ですね?

企画を出す前はもうちょっとリストアップしてたんだけど、紹介するタイトル全体のバランスとか体験とかその他色々な事で8本になったという感じ。

他にどんなのを考えて他の?

まず、手軽に買えるという条件を入れていたので、「inFAMOUS FIRST LIGHT」と「風ノ旅人」と「FEZ」なども企画を通す前に候補に入れていたというか、寸前まで入れていた。

「風ノ旅人」 が漏れるなんて
中々厳しいですね。 

たぶん「風の旅人」単体でなら紹介してたと思うけど、それで紹介をプッシュしたいVR的に楽しめる感覚が「Flowery」と丸かぶりの上に、ゲームの設定上「Flowery」の方が気持ちよく空を飛ぶのを楽しめるから、今回は除外した感じ。

映像美とか劇中の物語的な物は全く引けを取らない以上の物があるから、
ギリギリまで悩んだけどね~。

しかし、人間の感覚って面白いね。特にVRで遊んだ直後に選出した8本をプレイすると、VRの錯覚の余韻が残って、そういった意味で「ロケットリーグ」がVRゲームと錯覚を一番起こしたりする。
てな感じで、他の具体的なタイトルなどはIGNの記事でお楽しみください。