個人的にはロード化以前の方がうれしいですね。
Noimage





PlayStationの代表者はIGNに対し「ブーストモード」が「システムソフトウェア バージョン4.50」のベータ版に含まれていることを認め、以下の声明を発表した。

「ブーストモード」はPS4 Proのローンチ前にリリースされた一部の作品(そしてアップデートでPS4 Proに対応していないもの)をより高いGPUとCPUで動作させ、スムーズなゲームプレイを可能にします。

可変フレームレートのゲームは、より高いフレームレートとなり、一部のゲームではロード時間が短くなる可能性があります。

と、今回のアップデートでブーストモードが搭載される事が判明!(すっとぼけ)

ロードも改善されるのはうれしいですねぇ。

ロード時には、圧縮データの展開処理なども行われるので、長い物ほど効果が期待でき、
ProのCPUは62%程度クロックアップが行われているので、大体10%とか非常に大きい
読み込み速度が期待されます。(すっとぼけ、その2)

外付けHDDの時もかな~?

もちのろん。
規格上はSATA3よりUSB3.0の方が25MB/S上回っているぐらいなので、遅くなるという事はほとんど無いだろうからね。

また正式版では、今明らかになっている機能とは別の物も搭載される可能性はあるから、そちらの方にも期待したいですね。