バッサリと言っても、過激なことは発言しませんが(笑)
Switch





まずは、Switchの問題を軽くまとめると

 ◆ドックへの設置&取り出しの際に、Switchの画面を傷つける問題
 ◆Joy-Conの接続問題

この2点で色々悩ましいことになっているようですが、Switchの傷に関しては
そもそも「普通のクレードルタイプ」にしていたら、この問題は無かっただろうなぁ。
というのが、個人的な感想。

クレードルタイプ?

要するに、スマホみたいに画面がむき出しになった普通のクレードルタイプのドックだったら、こういった問題は出なかっただろうなぁ+それを斜めに設置するタイプだったら、スタンド代わり&プレイしながら充電もできて、一席三鳥ぐらいのことになってたと思う。

何故、画面を覆うタイプの
ドックにしたんですかねぇ? 

プロモで、「据え置きモード」「スタンドモード」「携帯モード」などの区別を明確にし、ユーザーにそれらを分かりやすく提示したかったというのがあるかもしれません。
他にも、Switchの場合「周辺機器商法」が結構目立つ感じだから、ひっそりそれも狙っているかもしれません?(考えすぎ?)

なんにせよ、傷に関して被害を被ってるユーザーがいるようなので、早期解決を望みたい。


あと、Joy-Conの接続問題に関しては・・・検証の時間が足りなかったか・・・
Bluetoothのプリントアンテナで、まさかちょっとした事で不具合が生じるようなことが発生するとは夢にも思わなかっただろうし、ある意味致し方ないかもしれない。

それでは済まされないユーザーも
多そうですけどね・・・ 

自分もその一人だったりするわけだけど、配線&置き場所を工夫を重ねて何とか解決。
個人的にこういうことは、ある程度大目に見てあげても良いと思う(後のサポート対応を含めた意味で)けど、今のご時世無理だろうなぁ・・・。




ボンバーマンR・・・期待していたんだけどなぁ。

かなり散々な内容だったようですねぇ。

そこで、ボンバーマンRを開発したヘキサドライブを援護する意味で・・・
開発期間が圧倒的に足りなかっただろうなぁ
というコメントをしておきます。

ヘキサの技術力なら、ここまで散々な内容になることは無かったと思うし
そう考えると、「ブラッシュアップ期間が無かったの(ヘキサ)・・・」に尽きると思う。

実際の所は、関係者しか
分かりませんけどね・・・ 

はたして、今後のアップデートなどで何とかなるのか否か・・・。