これだけの熱意を持ってローカライズしてくれれば大満足ではあるが・・・
AKIBAS_BEAT002





日本版からの変更点はさまざまあったそうだが、その中でも特記すべきものとしていくつかのキャラクターの名前と、街の看板の文字が挙げられている。それは作業上の都合で漢字の読みを事前に知らされず結果誤読していたものや(たとえば「娘田」を「にゃんだ」と読めず「むすめだ」とした)、開発途中で変更された文字が、北米版のマスターアップに間に合わなかったものなどがある。そして、そういった変更の中のひとつが議論を呼んでいる。

といった、日本でも特殊な事情のローカライズに苦労しているようですが、今回問題となったのは「KKK witches」というゲーム内に出てくるビルの看板のようです。日本というか、海外では概ねそれだけを聞いても???となりそうですが、KKKは「KKKといえば、公然とヘイトスピーチをおこなうことで知られているアメリカの白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」が想起されるためだ。」との事で、それを聞いたアクワイア側が看板を「ACQ witches」に修正したようです。

それはしょうがないですね・・・

ただ、海外PS.Blogタイトル紹介も任されている今回のローカライズ担当者「Lipschultz氏」は違ったようで、日本文化に理解が深いことで今回の件は面白いと感じていたようで、「KKK」とあるだけで修正をすることに関してオコ。

不本意な修正と言うことで、本作のクレジットからアクワイアに対して名前を外すように要望&了承されたとの事です。

中々に熱い方のようですねぇ。

細かい話は記事を読んでもらった方が良いので見てもらうとして、他にも中々熱い方のようです(笑)。悪く言うとちょっと頑固な感じではありますが、こういった熱意のある方にローカライズしてもらえるのは、めちゃくちゃ幸せな話でもあります。




PS.「猫田」はオラも読めないよ・・・。




AKIBA'S BEAT - PS4
アクワイア
2016-12-15