久しぶりに頑張ったレビュー
nepuVIIR_003





今週VRコンテンツも収録しシステムを中心に大規模リメイクが行われた「新次元芸無 ネプテューヌVIIR」のレビューが公開となりました。

今度はネプテューヌですか

フォーカスするジャンル的にはアレだけど、VRの話とかも書けて中々満足。
特にVRでの頷く動作でのキャラクターへの応答用インターフェイスは個人的にかなり違和感があるので、もう少し何か考えて欲しいなというのが、クリティカルな主な内容。

あと、リメイクが破天荒ということですが?

リメイク内容において、良くなった部分、悪くなった部分がすごくハッキリしていて、なんとも言い様がないリメイクバランスで面白いことになっているという意味合いで破天荒という言葉を使った。

リメイク以外のオリジナルの部分は元々クオリティが高かったから、タイトルの全体的な点数はやや高めという感じになってます。チョロッとブログで一寸前に話したけど、レビューを目指して「Re;Birth」などを購入して合間を見ながら必死でプレイした甲斐がありました(笑)

そういったフラグだったんだ・・・

言わなかったけど、もちろん「VII」もひっそりとね。ただ、思いのほかVRでボリュームを取られ、リメイク部分があまりに破天荒だったので、レビューに盛り込みきれなかった要素が多々あったのは、自分の今後の課題。